生死が不明の相続とは何でしょうか?

例えば行方不明になった者の相続が挙げられます。

行方不明の期間が長期間となると色々と問題が生じてきます。

行方不明者の結婚相手の再婚、生命保険がもらえないといった状態です。

民法では家庭裁判所へ申し立てをする事で死亡したと見なす事を認めています。

この申し立てには一定の期間が経過している事が必要で、一定の期間とは通常は生存が確認されたときから7年経過したときとされてます。

先ほどの例も、一定期間経過後に家庭裁判所へ申し立てを行うことで、相続が開始されることになります。