多賀城の行政書士、三浦征裕です。

今回は、遺言の種類についてお話しします。

遺言の種類は下の図の様になります。

遺言の種類

遺言の方式は「普通方式」と「特別方式」の2つに大別できます。

「特別方式」は、死亡の時期が迫っているとか、病気その他で隔絶されている場合の方式です。

ですから、通常私たちが利用するのは「普通方式」となります。

 

普通方式も下記の様に3つに分かれております。

1、公正証書遺言

2、自筆証書遺言

3、秘密証書遺言

ただし、3つ目の「秘密証書遺言」はほとんど利用される例は少ないので、

「公正証書遺言」と「自筆証書遺言」が多く利用されているのが実情です。

 

それぞれの遺言の特徴については、次回に説明していきたいと思います。